正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは、院長の増田です。   漫然とした痛みが3か月程度続いている。   強い回旋や後屈によって痛みが増強する。   レントゲン上では異常が無く、MRIにて骨の炎症が確認されます。   この状態になっても、レントゲン上では異常は無いのでスポーツ専門
こんにちは、院長の増田です。   当院ではスポーツ疾患以外にもあらゆる一般的な外傷骨折、脱臼などを扱っております。   摂津市、正雀に地域貢献できるような整骨院作りを目指しております。   基本的に『骨折、脱臼、打撲、捻挫』などは医療連携を取り、お医者様の
こんにちは院長の増田です。   今回は鍼灸治療についてお伝えできればと思います。   鍼灸は体全体を一つの複合体として治療するとゆう考え方です。   民間療法として昔から経験としての治療のイメージがあります。   例えば、お灸などがよく知られています。
こんにちは、院長の増田です。   正常な姿勢についてよく聞かれる事が多いです。   正常な姿勢とは筋肉を使う事無く、呼吸と背骨で立つ事です。   口から肛門までの中腔性の臓器になっているので鼻呼吸はとても大事です。   それに伴って背骨の正常な前湾後湾
こんにちは、院長の増田です。   近隣病院でレントゲンをとってから骨に異常なしのケースが多すぎます。   基本的に摂津正雀の患者様が多く来院されている訳ですが、先にレントゲンを撮ってこられるケースが増加しています。   『骨に異常が無い状態から痛みが一か月
こんにちは院長の増田です。   今回はリハビリについて当院の考え方を書こうと思います。   リハビリの定義としましては簡単に言いますと   「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」としています。   これを読んである事に気がつきませんか??
こんにちは、院長の増田です。   解剖学をまともに勉強していれば、人間の身体がそもそも左右非対称である事は口酸っぱく勉強してきているでしょう。   脊柱はそもそも斜めにらせん状に上がっています。歩行するにもハイハイするにも。   利き手や脳の関係上、左右非
こんにちは、院長の増田です。   スポーツで怪我をして、安静中に筋トレだけする学生が多いですね。   はっきりいって邪魔しないで頂きたいです。先生方と同じで早く治したいんです。   監督やトレーナーさんには教育方針があるのでしょう。   しかし、申し訳
こんにちは、院長の増田です。   顎関節症は病気でも何でもないと思う今日この頃です。   首の牽引とか頸部の筋肉のマッサージとかマウスピースとかありますよね。   全部対症療法ですし、完全に治りませんよ。   『鼻呼吸の習慣と舌の運動』が欠如しただけで
こんにちは、院長の増田です.   当院では施術をお断りさせて頂きますケースがあります。   ①身体を大事に出来ない場合   ②時間を取れない場合   ③説明と同意が得られない場合   この三点が満たされていない場合は特に施術をお断りさせて頂きます。 &
Page 1 of 2012345»1020...Last »


メール相談受付中