病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

こんにちは院長の増田です。
いつもブログへの訪問ありがとうございます。
今日は足首とサポーターの必要性についてお話しさせて頂きたいと思います。

 

あなたがもし”足首を捻挫した場合”におそらく痛くて整形外科や整骨院にかかるでしょう。
そして病院や整骨院でサポーターや固定を処方されることでしょう。

 

一週間程度安静にして日常生活で痛みが取れてきているでしょう。
そこであなたに質問があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『その処方されるであろうサポーターや固定っていつまでしたらいいんですか?』

①適当な時期に外す
②そのまま運動を継続する

 

迷う人がほとんどだと思います。
二週間も立って固定を外してみて歩いてみてください。
不安感や硬さを感じて思い切り動けない状態に気がつくはずです。

 

そう、それがまさに『機能低下』です。

 

間違えて欲しくないのが、固定期間程度で筋肉が痩せるとかありえません。
まず固定や安静にて鈍るのは『神経系』です。身体でゆうところの『ケーブル』です。

 

いつまでもサポーターしてる人はなかなか危ないです。
動きは元の状態にしたいのに身体との間にタイムラグが生じる訳です。
神経系と機能を上げないと捻挫は治りません。

 

現在の症状でお困りの方一人で考えていても絶対に解決しません。私で良ければ色々ご相談下さい。
専門的な知識と60年の経験がお役に立てば幸いです。

 

お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

LINE@友達申請して気軽に御質問頂けると幸いです。

 

友だち追加

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。