病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

「ヘルニアの神経圧迫で痛みを感じることはない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の増田です。

 

いつも、ブログへの訪問ありがとうございます。

 

腰痛のみなさん、整形外科に受診された事はありますか?

 

「ヘルニアで神経圧迫して下肢に痛みが出ている」

 

「あるある」ですよね。

 

神経の「基本」から説明しましょう。

 

「神経」とは、痛みを脳に伝えるもの。

 

そして、神経内膜、上膜、周膜の「三重の膜」で完全に保護されています。

 

仕組みは、みなさんの御存じの「電気コード」と同じです。

 

現代医学では、「異所性発火」として神経を圧迫する事により症状が出ると説明しています。

 

しかし、この実験自体がぺアンや鉗子での動物実験で切断や圧迫による現象です。

 

簡単にいえば、神経の途中をつまむと、その場で「電気が走りますよ!」ってことです。

 

これを生体で考えると、疑問しかないんですよ、、、

 

例えば、坐骨神経が、「局所」で損傷や変性をする事を普通に考えられますか?

 

ナイフかなんかで切らないとダメでしょうね。

 

みなさんのは「加齢」ですよね。

 

しかも、それが腰から痛みやしびれが出ている?

 

本来の、電撃痛や疼痛は脳にとっての緊急自体ですよね?

 

現代医学では「坐骨神経痛」といいますよね。

 

お尻に緊急の痛みが出ているのに、「腰が悪い」という説明ですよ?

 

体重をかけて、骨で圧迫する「正座」をした状態で「神経麻痺」は起きますか?

 

腰の「プルプルの椎間板」が何年も圧迫してきて急に炎症が起きる?

 

「ゼリー椎間板」が「正座の」より強い訳がないと考えるのが「正常」でしょう。

 

そして、神経は圧迫されると「麻痺」するんです。ハネムーン症候群でググって下さい。

 

何度もいいますが、「神経を圧迫した状態で痛みは出ません」

 

この他にも、解決出来ていない問題があります。

 

「無症状のヘルニアの人」

 

「痛みがない脊柱管狭窄症の人」

 

どう説明するんでしょうか?

 

手術適応になるのは排尿障害の麻痺症状が出た時だけです。

 

いつまで、加齢性の変化にメスを入れるのでしょうか?

 

色々質問など無料でお答えしていきたいと思いますので

 

ぜひお問い合わせフォームやLINE@で友達追加してみて下さい。

 

友だち追加

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。