病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

こんにちは、院長の増田です。

 

いつもブログへの訪問ありがとうございます。

 

今日は「肉離れにテーピングしてもダメ」をテーマにしていきます。

 

一貫して、私は固定を否定しているブログ内容が多いように見えます。

 

それは、誰よりもギブスやテーピングを巻いてきた結果なんです。

 

テーピングのメリットやデメリットを理解した上で、色々と試行錯誤しています。

 

さて、肉離れに関してテーピングをするということはどういった事なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果から申し上げますと

 

「痛みをテーピングで消して、動けるようにする」ということです。

 

ここで、何が問題なのかと思われる方がほとんどではないでしょうか?

 

「痛みが無い状態で動けてしまう」

 

ということにより、自分の肉離れの原因を知る機会がなくなります。

 

そういった状態になってしまうと、みなさんはこう考えるでしょう。

 

「テーピングをして、痛くなければ動いてしまってもいい」

 

といった発想を生み出してしまう恐れがあります。

 

怪我というものは損傷について、2つの大事な再発見があります。

 

それが「原因」と「責任」です。

 

肉離れをしてしまう人は、「身体の使い方」を変える必要性があるんです。

 

「痛くない=動くことができる」

 

のような短絡的な発想は本当によくないです。

 

肉離れから悪化して、半年も試合に出れない状態になった選手を見た経験があります。

 

上記の理由から、私は肉離れに関してはテーピングをする場合

 

「肉離れの原因を探求する」姿勢を忘れないように指導します。

 

現在「肉離れ」でテーピングしながらスポーツをしている方や悩んでいる方は

 

ぜひ、私で良ければ気軽に御相談下さい。

 

LINE@友達申請して気軽に御質問頂けると幸いです。

 

友だち追加

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。