病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

「足の甲の痛みが、なぜ治りにくいか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の増田です

 

いつも、ブログへの訪問ありがとうございます。

 

損傷名でいえば、「リスフラン関節」や「ショパール関節」捻挫と言います。

 

理由は「3つ」あります。

 

一つ目は、「荷重が小指側にかかりやすい」

二つ目は、「軽視されやすい」

三つ目は、「処置しにくい」

 

「荷重が小指側にかかりやすい」

「歩く」動作の基本として荷重がかかりやすいと言う事です。

最近は、重心がずれている人が多いのが特徴です。

大まかにいうと、小指から親指に荷重が抜けて「歩く」動作が可能になります。

リスフラン関節やショパール関節は「荷重」から逃れる事ができません。

 

「軽視されやすい」

たびたび「足首捻挫」についても触れています。

足の甲については「見逃されやすい」捻挫です。

「足首捻挫」との鑑別が難しく、整形外科でも「骨に異常が無い」と診断されてしまケースが多いです。

詳しくは、足の甲について痛みが取れないで紹介しています。

 

「処置しにくい」

これはなかなか、テーピングとか「固定」しにくい場所なんです。

「足首捻挫」のテーピングと違って、解剖学的な構造を理解していないと効かないです。

固定も通常の「固定」をしても、なかなか難しいですね。

 

以上の3点より、「なかなか痛みが取れない」として認識されています。

 

現在も、痛みや悩みがある方は御相談下さい。

 

ぜひLINEにて友達申請してみて下さいね。

 

気軽に御質問頂けると幸いです。

友だち追加

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。