病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

 

 

「手首捻挫」をして痛みがある場合

 

こんにちは、院長の増田です。

 

いつも、ブログへの訪問ありがとうございます。

 

今日は、「摂津市で手首捻挫でお困りの方」へ情報を配信致します。

 

「手首捻挫」での病院へかかった方がいい場合

 

「1週間たっても、痛みが引かない」

 

これは、「手首の捻挫」でも多い部類です。

 

「手首捻挫」にもステージ分類があります。日常生活で最もよく使う部位です。

 

「炎症が引かない」もしくは「靭帯損傷している」かを鑑別していく必要があります。

 

「手首の小指側が痛い」

 

これは、TFCC(複合軟骨構成体)という場所の損傷の可能性があります。

 

親指側ではなく、小指側に痛みがある人は特に注意して下さい。

 

初期処置が遅れると、オペ適応になる場合もあります。

 

この二つの状態にある人は、適切な医療機関への受診をおすすめします。

 

特に「手首」はレントゲン上異常がない場合が多く、軽視される傾向にあります。

 

現在、手首を捻挫している方やお困りの方は御相談下さい。

 

もちろん、軽い捻挫の場合もたくさんありますので、あしからず。

 

気軽に友達申請して下さいね!LINE@で御相談受付中です!

 

友だち追加

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。