病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

疲労骨折が女子に多い理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の増田です。

 

いつも、ブログへの訪問ありがとうございます。

 

今日は「疲労骨折」が女子に多い理由をお伝えします。

 

腰椎、シンスプリント、中足骨様々な場所で「疲労骨折」が起こります。

 

女性に多い理由は「月経」により「鉄欠乏性貧血」になるからです。

 

赤血球には「ヘモグロビン」という「たんぱく質」があります。

 

これによって、「酸素」を運び運動することが可能になっています。

 

女性の場合は「月経」により、出血量が多いと「血」が不足する状態になるわけです。

 

その上に、「激しい運動量」が重なるとどうなるでしょう?

 

激しい運動も「ヘモグロビン」で酸素を大量に消費します。

 

地面との衝撃により「赤血球が破壊される」ことも理由になります。

 

女性は生物学的な特徴が違うこともあり、「パフォーマンスの上げ方」自体も違います。

 

この事実は「本人や保護者や監督」も抑えておかないといけません。

 

女性特有の現象ですので、調査しにくい現状があります。

 

しかし、骨が折れる事は「骨粗鬆症」と同じ意味だと考えて下さい。

 

「無月経」は、「生殖機能を抑える」こと。女性にとっての「異常事態」なんですね。

 

疲労骨折を起こさないためには?

 

答えは「2つ」あります。

 

  1. 「食事」を見直し、「鉄」を摂取しましょう。
  2. 「練習」を抑えて、「バネ」を取り戻す

 

一つ目の「食事」です。

 

「食事」はめちゃくちゃ大切です。ほとんどがこの「食事」の問題です。

 

「食べ過ぎ」や「ダイエット」もダメです。

 

レバー、納豆、鶏肉、煮干し、魚、かつおのたたき、豆類、卵など摂取して下さい。

 

個人的には「プロテイン」も悪くはないかと思います。

 

あとは、積極的に「練習前後」にも「間食」する事もおすすめです。

 

二つ目は、「練習メニューの再考とバネ作り」です。

 

「練習メニューの強度」を見直す事です。

 

ただ、監督やトレーナーに理解がない場合が多いです。

 

体のバネに関しましては、年単位で「丈夫な体」を作る長期的な目が必要です。

 

痛みがある人は、優先順位として「食事」を徹底的に管理して「様子」をみて下さい。

 

それでも「無月経」があるようなら「安静にすべき」です。

 

これに「例外」はありません。将来の「不妊」にも繋がり可能性もあります。

 

今日は「疲労骨折」についてお話させていただきました。

 

個人的な質問などはLINE@の方で質問お待ちしております。

 

友だち追加

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。