病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

捻挫は自然に治るのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の増田です。

 

恐れず、いいますね。

 

怪我や捻挫をした場合に、9割は後遺症です。

 

その理由を淡々と説明していきますね。

 

急性期に患部を触ることがない

 

病院や整形外科では、時間制約があります。

 

特に捻挫や骨折時に「患部」を触ることをしません。

 

当たり前なんですが、この時期に綺麗に腫れを抑えること

 

これが、「外傷治療のコツ」なんですね。

 

腫脹が残ってしまうと、機能低下に繋がります。

 

その分、機能回復に時間を取ります。

 

なんとなく痛くないしOK!?

 

いやいや、痛みが取れてからが怖いんですよ・・・・。

 

人間の体には「代償動作」というシステムがあります。

 

例えば

 

脳梗塞になった場合でも

 

「左脳に出血があったら、右脳で代償して血流を確保してしまう」

 

松葉杖で歩いた場合でも

 

「松葉杖をついていたら、左足を捻挫したのに、右足が痛い!?」

 

だから、痛みが取れて「治った」後でも

 

「間違えた動きを学習」してしまっています

 

だから、本当はね、本当はですよ。

 

その学習された動きも的確に見つけて、再学習した方がいいんです。

 

ただ、それを見抜けるのは一部の人だけ、、、。

 

また、よっぽどのcrps(複合性局所疼痛症候群)ぐらいにならないと

 

真剣に考えてくれない訳ですよ、、なったら難病ですよ(改善例ありますが)

 

捻挫や骨折は自然に治るか?の問いには

 

医療機関がどこまで面倒見る気があるのか??

 

そういうことに「結論」ついてしまいます。

 

捻挫や骨折でお悩みの方は、私で良ければ色々ご相談下さい。

 

専門的な知識と60年の経験がお役に立てば幸いです。

 

お問い合わせフォーム

 

または、LINE@友達申請して気軽に御質問頂けると幸いです。

 

友だち追加

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。