病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

足のくるぶしが痛い!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は「くるぶしの痛み」を解説します。

 

くるぶしの痛みは、おもに「腓骨筋」という腱が原因です。

 

オーバーユース症候群では、「腱の摩擦」により、痛みが出てしまうことが原因です。

 

ここまでは、誰でも知ってる内容です。

 

真の原因は!?

 

足関節の「アンバランス性」にあります。

 

足の安定性は内側にも外側にもありません。

 

「動的な安定性」

 

これこそが、真の安定性です。

 

言い換えると、「外側から親指にかけて動く重心の滑らかさです」

 

オーバーユース症候群は、「動きの中での安定性」を確保することが必須です。

 

動きを再学習

 

足関節は、内反捻挫やknee-in-toe-outの原因で痛くなります。

 

これを元に戻す事が、一番大事になります。

 

ダイナミックアーチ療法

 

京都のまつもとじゅん先生が考案されました。

 

「アーチを張り直し、トラス構造を整える」

 

これが、ありとあらゆる足関節に効果があります。

 

親指を使って正常発達を行なってきた我々のDNAに組み込まれた動きを再学習します。

 

めちゃくちゃ簡単ですが、効果抜群です。

 

大阪で受けられたい方は、ぜひ当院へお越し下さい。

 

捻挫や骨折でお悩みの方は、私で良ければ色々ご相談下さい。

 

専門的な知識と60年の経験がお役に立てば幸いです。

 

お問い合わせフォーム

 

または、LINE@友達申請して気軽に御質問頂けると幸いです。

 

友だち追加

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。