病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

足首捻挫がなぜ治らないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「足首捻挫がなぜ治らないのか」

 

1つ目は「リハビリ不足」にあります

 

みなさんは、足関節捻挫が治癒する期間をご存知ですか?

 

通常で「2週間〜3週間程度」と言われています。

 

この期間の間には「急性期、亜急性期、慢性期」の3つのステージがあります。

 

これらは炎症のステージを急性期から順番に表しています。

 

例えるなら、大火事→中火事→ボヤ程度ですね(笑)

 

「急性期から亜急性期」に腫れが残存し、残ると「慢性的」な痛みになるんですね。

 

もちろん、自然治癒するケースもあります。

 

現代医学では急性期は固定し、安静にすることが基本です。

 

これは、どんだけ有名なドクターでもそうです。

 

しかし、私たち一部の伝統的な「骨つぎ治療」では、急性期から処置します。

 

そして、ずっと管理して患部を処置します。

 

徹底的な管理です。これが最速に治ります。

 

なぜなら余分な腫れを散らし、再吸収させること。

 

これが、後遺症を残さないために必須だからです。

 

実は、海外のトップ選手は急性期から治療を受けている人も多いです。

 

残念なことですが、急性期からこの国では「事なかれ主義」です。

 

積極的に治すこともなく、ましてや「将来の後遺症」のことなど考えてはいません。

 

言い換えると、「リハビリに向けての処置不足」という言い方になります。

 

2つ目は「複合損傷だった場合」です。

 

捻挫が治りにくい場合は、次のケースがあります。

 

骨の中の傷(骨挫傷)やリスフラン関節、ショパール関節などの捻挫です。

 

これらが見逃されている場合があります。

 

なぜかといいますと、「レントゲンのみの診断」が多いからです。

 

捻挫だけでは、MRIを取るようなところはなかなかありません。

 

そして、「腱脱臼」などは腫脹にかくれてしまっています。

 

後から所見として、出てくる場合があります。

 

「足首捻挫は治りにくい」と思われています。

 

見逃しやリハビリが背景として存在しています。

 

捻挫といっても、されど捻挫です。

 

捻挫をみれない、この国の現状にうんざりします。

 

現在、お悩みなどあればLINE@にて相談してみて下さい。

 

友だち追加

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。