正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例

こんにちは院長の増田です。

 

今回はリハビリについて当院の考え方を書こうと思います。

 

リハビリの定義としましては簡単に言いますと

 

「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」としています。

 

これを読んである事に気がつきませんか??

 

『一度機能が低下した前提』とゆう事です。

 

機能低下はある程度は仕方ない事ですが、機能を保全するとゆう努力が欠けていると僕自身感じています。

 

『積極的な質の良いリハビリ』を受けられる医療機関は本当に限られています。

 

当院には怪我の後遺症で困っている方がよく来られます。医療の現状を考えると残念な事ですが、かなり多いです。

 

そういった患者様には別の自費施術を致しますが、本来はそうゆう状態にならないように努力し質の良い積極的なリハビリを受けて頂くのが当院の方針です。

 



メール相談受付中