正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例

こんにちは、院長の増田です。

 

突き指についてお話したいと思います。

 

ボールが当たったり、ブロックしたり、捻挫したりと突き指は多いです。

 

指の関節にはDIP 関節、PIP関節、MP関節があります。

 

複雑に靭帯や腱が入り乱れ、手の動作が出来るようになっています。

 

一度痛めるようになると、よく使う場所なので痛みがなかなか引きません。

 

ひどい場合は指が曲がってそのままくっついてしまいます。

 

指の怪我が痛みとして、必ず肩や前腕や肘まで登ってくる場合もあります。

 

意外と放置する人が多いのでしっかりと治療しましょう。

 

基本的な捻挫をしっかり治癒させる事がとても重要です。



メール相談受付中