病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

こんにちは、院長の増田です。

 

今回は野球肘についてお伝えできればと思います。

 

最近は小学生や中学生で変化球の練習や硬球での練習を行うクラブチームが多いです。

 

医学的な知見から言いますと、成長期にそのような肘への負担はどうなのかな?と少々疑問です。

 

体幹が出来ていない子がほとんどで、手投げ状態です。

 

特別にピッチングなど指導も受けていない子もいました。

 

肘の内側の靭帯や軟骨部の炎症

外側の軟骨剥離、炎症

 

などがものすごく多いです。

 

将来、肘や肩などに痛みが残る場合や大人になってから体のアライメントが悪くなる可能性があるでしょう。

 

その野球の時期も大事かもしれませんが、お子様の身体が一番大事だと思います。

 

無理をせず、スポーツの楽しみや勝つ喜びを感じていければ一番良いですね。

 

特に小中学生の子供をお持ちの保護者の方にぜひ意識して頂きたいです。

 

何事も良い面と悪い面との両面が存在しています。

 

バランスをとって上げる事が周囲の大人達の役割ですね。

 

 

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。