病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

こんにちは、院長の増田です。

 

いつもブログへの訪問いつもありがとうございます。

肩こりは頸部から肩甲骨につく『肩甲挙筋の緊張や血流不足』によって引き起こされます。

東洋医学的にいうと押すと気持ちいい場所ツボでいうと肩井(けんせい)というところです。

 

肩こりを改善するには2つのポイントがあります。

 

1つ目は

肩甲挙筋の筋肉をまず血流改善する

 

2つ目は

その筋肉の長さ自体を正常域まで伸ばし、楽な状態に感じるような状態に持って行く

 

これにより基本的に肩の凝りや痛み等の症状は消失します。

逆にいうとマッサージで治らないのは②が圧倒的に不足し、関節の動きが改善されていないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、施術やストレッチや関節運動をなるべく頻度を上げて行ないます。

脳に何度もアクセスすることがとても大事です。

 

残念ながら、2週間程度カラダに信号を送らなければすぐに元に戻ります。

脳は良い反応でも悪い反応でも新しい情報を嫌います。

 

だから、繰り返して反復しないと慢性的なコリを良い状態と判断する訳です。

そういう事を考えながら筋肉を揉むのでは無く、関節にアプローチする事が重要かと感じています。

 

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。