正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
  最近、ますます冷え込みが強くなり、通勤時にダウンジャケットを着ている方を良く目にします。みなさん、風邪を引かないよう気を付けてください。     本日は養生の話を一旦お休みして、捻挫、打撲等急性外傷を起こした時の対処法について簡単にお話させていただきます
先週の予告通り、今回は養生についてお話ししたいと思います。   江戸時代、貝原益軒が書き残した養生訓には、様々な養生法が記されています。   儒教と東洋医学を修めていた貝原益軒は、双方の観点から日本の文化の中で   人々がどのように身体を慈しみ、長寿を全う
一段と冷え込みも強くなり、短い秋を通り越して冬へと季節の移ろいを感じるようになりました。     節電と思いながらも、暖房器具が活躍し始めているのではないでしょうか?     さて、今回からしばらくは養生というものについてお話していこうと思います。  


メール相談受付中