正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
スポーツ障害 『足関節捻挫の損傷判別テスト』                                                               こんにちは院長の増田です。   今回は足関節捻挫に
こんにちは院長の増田です。   小児の患者様がよく来られます。   痛みを訴えることが得意ではないので、セラピストの技量が要求されます。   肘が抜ける肘内障   手をついて転倒し、橈骨の若木骨折   ブランコから落ちて、鎖骨の若木骨折   色ん
こんにちは院長の増田です。   シンスプリントや疲労骨折についてお話しいたします。     基本的に足の筋肉の付着部に過剰な牽引力がかかり炎症が生じている状態です。     背景には体幹筋の欠如、柔軟性の低下、下肢アライメント不良が存在します。  
こんにちは、院長の増田です。   スポーツ障害における腱板損傷についてお話していきたいと思います。   腱板とゆうのは   棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋   の4つから構成されております。   よく障害される筋肉は棘上筋、棘下筋です。   肩
こんちちは院長の増田です。     今回は手首の捻挫や痛みについてお伝えしていこうと思います。     手首の骨は8つの骨で形成される手根骨と橈骨、尺骨で構成されています。     筋肉や腱は、手首を動かす役割りを持っています。     特にや
こんにちは院長の増田です。     今回は肩のloose shoulderについてお話致します。     不安定性を有する動揺肩ともいいます。     外傷や脱臼の後遺症として現れる事もあります。     また基礎的にもともと全身の関節に緩みのある人もいます。
スポーツ障害 『高周波治療器』                       こんにちは、院長の増田です。     今回は当院の最新治療機器を御紹介したいと思います。     低周波領域と高周波領域をMIXして通電できる機器です。     従来の整骨院の
こんにちは院長の増田です。   足の内反捻挫にて見逃されやすい場所などお伝えしたいと思います。   二分靭帯損傷や第五中足骨骨折   などが挙げられます。   足の腫脹が強いと、触診による鑑別には技術がいるので   セラピスト自体の知識経験に左右され


メール相談受付中