正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
スポーツ障害 『コンビネーション治療器』                               こんにちは、今回は治療器についてご説明していきたいと思います。   コンビネーション治療とゆうのは   『超音波+中周波』   の組み合わせです。  
スポーツ障害 『腰椎牽引最新治療器』                               こんにちは、院長の増田です。   当院の腰椎牽引治療器を御紹介したいと思います。   座位姿勢(股関節屈曲位)で牽引する事により   直接的に腰椎を牽引する
勤務時間 8:00~12:00  16:00~20:00 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 休日 日曜日、祝日 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 給与 20万円 前後 ---------------------
こんにちは、院長の増田です。   今回は骨折に関してです。   まず、骨が折れたらどうするか?? 応急処置としましては骨の軸をまっすぐにします。これを整復といいます。   これが、かなりの経験と技術が無いと到底できません。   素人の方はご遠慮下
スポーツ障害症例報告 『突き指』                     こんにちは院長の増田です。   突き指にて来院されました。   痛みにてROM制限しております。   PIP関節の捻挫stage1でした。骨端線も大丈夫と判断。   動揺性はありましたが、一過性と判断
こんにちは院長の増田です。   今回はスポーツ障害における腰痛についてお話していきたいと思っております。   スポーツにおける腰痛には種類があります。   椎間関節の炎症   脊柱起立筋の筋損傷   腰椎分離症   腰椎ヘルニア   まだあり
こんにちは、院長の増田です。   突き指についてお話したいと思います。   ボールが当たったり、ブロックしたり、捻挫したりと突き指は多いです。   指の関節にはDIP 関節、PIP関節、MP関節があります。   複雑に靭帯や腱が入り乱れ、手の動作が出来るようになっ
こんにちは院長の増田です。   今日は難治性のグローインペインについてお伝えしたいと思います。   サッカーなどで内側の内転筋を痛め、鼠蹊部の痛みを訴えます。   非常に治りが悪く、治療が難しいです。   一般的にアスレチックに精通した知識がないと &nbs
スポーツ障害 『balancer運動療法』                               こんにちは院長の増田です。   今回は『balancer』とゆう機械についてお伝えしたいと思います。   運動療法に効果があり   歩行改善、姿勢制御、外的動揺への
スポーツ障害 『右第5指基節骨骨折』                       こんにちは院長の増田です。   病院にて対診し、右第5指基節骨折と診断されました。   内出血が見えますね、変形もあります。   斜骨折ですので、骨を元の位置に戻す整復動作がいりま


メール相談受付中