正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは、院長の増田です。 腰痛は発症するには条件があります。   ①構造学的ストレス   ②精神的ストレス   ③腰痛の記憶   同時に重なりあうと『痛み』として発症します。   構造学的ストレスに関しては、『長時間立位や座位の保持、重い荷物を
スポーツ障害 『筋挫傷による足前面の痛み』                         こんにちは院長の増田です。 サッカー中に相手との接触プレーにて損傷しました。 右前面の筋挫傷stage2,5です。 熱感腫脹がかなり強く、凹みも触知できました。 筋肉の挫傷がひどい場合はなかの
こんにちは、院長の増田です。   『治療家は一般的な人よりも心身ともに健康である』   ウチのスタッフは元気であります。   元気になる方法を知っていますし、疲労を抜く術を身に着けています。   不健康で人の身体を診る事は出来ません。   だから、患
こんにちは、院長の増田です。   食べ物と精神は密接に関わっています。   現代は、飽食とストレスの時代です。   これにより内臓には多大なストレスがかかってきております。   風邪の引きやすさや慢性疲労や治癒力の弱さなどが最近特に患者様に目立ちます。


メール相談受付中