正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは、院長の増田です。   骨折後遺症の問題点についてお話させて頂きます。   見た目の構造が変化しており、なおかつ本人が非常に気にしている場合   このような場合は外科的な処置が必要であると思います。   やはり納得と理解の双方があって初めて鎮


メール相談受付中