正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは、院長の増田です。   かなり前から機能回復のプロですからこうなるのを当院は待っていました。   とうとう最近になってからイチローや三浦カズや山本昌や葛西などトップ選手が一部トレーニングを公表し、発言して一般的になってきましたね。   『骨の大き
こんにちは、院長の増田です。   関節の感覚を取り戻す事が筋肉の柔軟性を生む事に繋がっています。   ストレッチは技術であり方法です。   根っこは関節や骨が一番重要です。そしそれを感じる脳が密接に関係しています。   自分でめちゃくちゃストレッチして
こんにちは、院長の増田です。   個人的な意見ですので、適当に聞き流して頂いて結構です。   基本的にスポーツは誰かに教えてもらうものではないです。   上手い人や目標に向かって努力する。このシンプルな構図だけです。   それを邪魔するような指導や教育
こんにちは、院長の増田です。   既成概念として外傷=ギブスは当然の考えです。   ここ何年かで固定材料も進化し、熱で容易に変形する商品が出回っています。   固定材料の変化は機能回復にもたらす影響も大きいです。   しかし、いくら材料が進化しようとも


メール相談受付中