正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは、院長の増田です。   スポーツ外傷での『早期復帰』について今回は投稿致します。   スポーツ復帰において早期復帰は流行っています。早期復帰が安易に良いと唱える医療従事者が多すぎます。   本当に理解しているトレーナーや柔道整復師や理学療法士はど
複合性局所疼痛症候群CRPSって知ってますか??   外傷後に正常に治るはずのものが、異常な痛みに変わり難病に移行する病態の事を言います。   症状としましては   皮膚色の変化、熱感、ROM制限、原因とは不釣り合いな痛み、レントゲン上の骨萎縮などです。   現在
痛みと家族の関わり方についてお話します。   痛みは身体の信号でもあり、周囲の環境への危険信号であるともいえます。   冷たい言葉や態度を取られると症状が悪化しますので、優しくサポートしてあげて下さい。   急性腰痛や寝違えに苦しんでいる人は周りの家族にサ
こんにちは、院長の増田です。   寝返り機能は脊柱と股関節との関連性がスムーズにいかないとできません。   高齢者がベッドから起きれなくなるのも寝返りが出来ないからです。   簡単な事なんですが、左回り右回りゴロゴロするだけです。   床と全身の骨の認
こんにちは、院長の増田です。   湿布や痛み止めは痛みを先に鎮痛しますが、痛みを前借りしている状態です。   長期的に使用していると内臓の負担もかかりますし、血流低下の要因にも繋がります。   ですので、早く治したい患者様にはオススメしていません。  
※8/18(金)から8/20(日)までお盆休みとさせて頂きます!
※ 勉強会のため 8月12日(土)午後休み とさせて頂きます。  


メール相談受付中