正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
当院は1/4(木)より営業しております。 緊急の場合は 090-2049-3139へ
スポーツ障害 『野球肘の症例報告』   こんにちは院長の増田です。   今回は野球肘についてレントゲンを掲載いたします。   内側の骨が少し、剥がれているのがおわかりでしょうか??   硬式野球の子は特に注意してください。   野球がしたくて肘の痛みを我慢している子多いです。  
こんにちは、院長の増田です。   世間でよく言われている。   『痛みが癖になる』   これは嘘です。   痛みを隠して、それに伴う動きを人間は覚えます。   これを代償動作といいます。   そして、一時的に患部を保護して炎症と痛みが治まります。
 スポーツ障害 『マレットフィンガー症例』                             こんにちは院長の増田です。   症例報告です。   指が落ち込んでいますね。   これをマレットフィンガーといいます。   腱性マレットと骨性マレットに分類
スポーツ障害  『親指の突き指には要注意』                         院長の増田です。   今回は少し治りにくい親指の突き指についてお話していきたいと思います。   サッカーをしていて、突き指にて来院されました。   親指に関しては、腱や関節が
こんにちは、院長の増田です。   医療健康情報が進化し、ボタン一つでそれを得る事の出来る時代がやってきています。   これからは医療は未病を防ぐを通り越して、自己管理する時代がやってきます。   時間が無く通院出来ない人   経済的に余裕のない人  
ナチュラリゼーションのアメブロ版更新しました!                 保険外施術を受けるられる方への左の緑の所は院長のアメブロになっております。 内容が大幅に更新しております。ぜひご覧ください。
この度、Facebookページリニューアルしました! うまく飛べない方は 『増田整骨鍼灸院+正雀』 で検索して下さいね!
こんにちは、院長の増田です。   流行っている治療院や整骨院がいいのか?がテーマです。   当院は暇な時は暇です。患者様は良くなっていけば卒業していくからです。   当たり前ですが、毎日並んでベルトコンベア式で診てる整骨院や病院が多いですね。   一人


メール相談受付中