正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは、院長の増田です。   今日はよく質問されるお酒のタイミングと量についてお話していきたいと思います。   肝臓の疲労を考えると日本酒やビールは内臓の冷えを起こすのであまり飲み過ぎは右側腹部の張り感を生み出します。   焼酎のお湯割り程度なら糖質の
こんにちは、院長の増田です。   骨と筋肉はどっちが大事か??   というのがテーマです。   大事という事は   『人体にとってどの程度情報の数が多いのか??』   が重要になっています。   圧倒的に関節付近には受容器の数が多いので  
こんにちは、院長の増田です。   星の数ほど病院や治療院が増え、口コミサイトなんかもあります。   情報が氾濫しており、これがダメなら次はこれだ!   結局、痛みは取れましたか?   辛い痛い痛みに耐えて藁にもすがる思いで病院を回りそれでも痛い・・・。
外傷コーレス骨折症例報告です!                         こんにちは、院長の増田です。   手首の骨折の紹介です。   パンパンに腫れていますね!   病院に対診し、保存療法にて治療中です。   こける際に手をついてしまうと、高
こんにちは、院長の増田です。   今日はスポーツ障害がいつ起きているのかを経験を踏まえて   お伝えできればと思います。   一番多いのが、部活以外の体育の時間です。   次に多いのが、テスト期間明けの初日。   どちらもケア不足や気の緩みにあると考
こんにちは院長の増田です。   今回はアキレス腱の痛みについてお伝えしたいと思います。   成長期に急激な運動をすることによってアキレス腱とその下にある脂肪体に炎症が起きます。   ジャンプ動作やダッシュ動作により痛みが増強します。   スポーツ障害に
こんにちは院長の増田です。   今回は打撲の痛みについてお伝えできればと思います。   打撲といっても   筋肉の挫滅   骨膜の損傷   など種類があります。   軽傷のモノは2,3日放置していれば治ります。   長期化してしまう場合はやは
院長の増田です.   今回は皆様に向けて当院での外傷の考えやイメージについて知って頂こうと思い投稿させていただきました。   『みなさん怪我といえばどんなイメージをお持ちですか??』   痛い、動けない、パフォーマンスが落ちる、日常生活に支障が出る、精神的に落ち
こんにちは院長の増田です。     今日は怪我をした後に残る痛みについてお話し致します。       『怪我をしてなぜ痛みが残るのか?』     理由は3つあげられます。     ①損傷部位が把握できていない。 ②怪我初期から適切な処置がで
こんにちは院長の増田です。   肉離れについて、お伝えしたいと思います。   肉離れにもステージがあり、損傷の程度とゆうものがあります。   stage1→筋肉の軽い炎症(保存療法) stage2→筋繊維の部分断裂(保存療法) stage3→筋繊維の完全断裂(手術適応)    
Page 1 of 3123»


メール相談受付中