正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは院長の増田です。     今日は怪我をした後に残る痛みについてお話し致します。       『怪我をしてなぜ痛みが残るのか?』     理由は3つあげられます。     ①損傷部位が把握できていない。 ②怪我初期から適切な処置がで
こんにちは院長の増田です。   今日は難治性のグローインペインについてお伝えしたいと思います。   サッカーなどで内側の内転筋を痛め、鼠蹊部の痛みを訴えます。   非常に治りが悪く、治療が難しいです。   一般的にアスレチックに精通した知識がないと &nbs
こんにちは院長の増田です。   今回は打撲の痛みについてお伝えできればと思います。   打撲といっても   ①筋肉の挫滅   ②骨膜の損傷   など種類があります。   軽傷のモノは2,3日放置していれば治ります。   長期化してしまう場合は
こんにちは、院長の増田です。   今日はよく質問されるお酒のタイミングと量についてお話していきたいと思います。   肝臓の疲労を考えると日本酒やビールは内臓の冷えを起こすのであまり飲み過ぎは右側腹部の張り感を生み出します。   焼酎のお湯割り程度なら糖質の
こんにちは、院長の増田です。   星の数ほど病院や治療院が増え、口コミサイトなんかもあります。   情報が氾濫しており、これがダメなら次はこれだ!   結局、痛みは取れましたか?   辛い痛い痛みに耐えて藁にもすがる思いで病院を回りそれでも痛い・・・。
こんにちは、院長の増田です。   骨と筋肉はどっちが大事か??   というのがテーマです。   大事という事は   『人体にとってどの程度情報の数が多いのか??』   が重要になっています。   圧倒的に関節付近には受容器の数が多いので  
外傷コーレス骨折症例報告です!                         こんにちは、院長の増田です。   手首の骨折の紹介です。   パンパンに腫れていますね!   病院に対診し、保存療法にて治療中です。   こける際に手をついてしまうと、高
こんにちは院長の増田です。   スポーツ障害とメンタル面についてお話していきたいとおもいます。     スポーツにおいて怪我はつきものです。     これはやはり競技レベルの高い学校や激しい運動量のスポーツに起こりやすいです。   長期離脱した場合
こんにちは院長の増田です。   小児の患者様がよく来られます。   痛みを訴えることが得意ではないので、セラピストの技量が要求されます。   肘が抜ける肘内障   手をついて転倒し、橈骨の若木骨折   ブランコから落ちて、鎖骨の若木骨折   色ん
こんにちは院長の増田です。   暑い中夏バテしています・・・・。   今回は世間をにぎわしている熱中症について正しい知識と対処をお伝えしたいと思います。   熱中症に関して室内の競技に関して意外と多いです。   めまい、頭痛、ふらつき、吐き気などが起こ
1 / 212


メール相談受付中