正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは、院長の増田です。今日は逆子のお灸のお話しです。   たまに逆子のお灸の施術を年に何回かさせてもらいます。   もうダメですね!といわれて帝王切開前に改善して回る子もいますね。   なんか生命の神秘を感じますね。   鍼灸的には腰の命門(腰の
こんにちは、院長の増田です。   当院は美容メニューは一切しておりません。   よく鍼灸治療されてるんで美容鍼もお願いしますといわれた事があります。   出来ますが一切致しません。   理由は本当の意味で綺麗にならないと個人的には思うからです。  
こんにちは院長の増田です。   今回は鍼灸治療についてお伝えできればと思います。   鍼灸は体全体を一つの複合体として治療するとゆう考え方です。   民間療法として昔から経験としての治療のイメージがあります。   例えば、お灸などがよく知られています。
こんにちは、院長の増田です。   今回はスポーツ鍼灸についてお伝えできればと思います。   スポーツ障害における鍼灸の効果といえば   早期の疼痛除去   が最も分かりやすいと思います。   鍼灸治療により、非常に早い速度で治癒に導く事が出来ます。
こんにちは、院長の増田です。   病院で漢方が処方されていますが、皆様よく勘違いされているので鍼灸師の立場から御説明していきたいと思います。   漢方は基本的には症状によって処方されるものではありません。   脈診、舌診、背候診、顔面診、症状は弁証によって
慢性的な疾患には特に効果があります 慢性的な肩こり、腰痛、頭痛、その他痛みや違和感の症状 ぎっくり腰 膝の痛み(変形性膝関節症など) スポーツ障害 アスリートの治療、運動指導 ムチウチ、頸椎捻挫、寝違え 交通外傷後 生理痛(その他生理不順) 頸部・腰部ヘルニア パ
こんにちは、院長の増田です。   星の数ほど病院や治療院が増え、口コミサイトなんかもあります。   情報が氾濫しており、これがダメなら次はこれだ!   結局、痛みは取れましたか?   辛い痛い痛みに耐えて藁にもすがる思いで病院を回りそれでも痛い・・・。
こんにちは、院長の増田です。   骨折後遺症の問題点についてお話させて頂きます。   見た目の構造が変化しており、なおかつ本人が非常に気にしている場合   このような場合は外科的な処置が必要であると思います。   やはり納得と理解の双方があって初めて鎮
こんにちは、院長の増田です。   最近テレビにても、医療系の番組が多いですね。   食べ物やダイエットや体操や筋トレなどなど   いろんな情報ばかりです。   しかし、そもそも人には本来免疫があり、自然治癒力があります。   暴飲暴食、ストレス発散、
こんにちは、院長の増田です。   食べ物と精神は密接に関わっています。   現代は、飽食とストレスの時代です。   これにより内臓には多大なストレスがかかってきております。   風邪の引きやすさや慢性疲労や治癒力の弱さなどが最近特に患者様に目立ちます。
Page 1 of 212»


メール相談受付中