正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは、院長の増田です。   近隣病院でレントゲンをとってから骨に異常なしのケースが多すぎます。   基本的に摂津正雀の患者様が多く来院されている訳ですが、先にレントゲンを撮ってこられるケースが増加しています。   『骨に異常が無い状態から痛みが一か月
こんにちは、院長の増田です。   当院ではスポーツ疾患以外にもあらゆる一般的な外傷骨折、脱臼などを扱っております。   摂津市、正雀に地域貢献できるような整骨院作りを目指しております。   基本的に『骨折、脱臼、打撲、捻挫』などは医療連携を取り、お医者様の
こんにちは、院長の増田です。   人が正常に発達する過程を御存じですか??   首がすわり、寝返り、ズリバイ、ハイハイし、立位まで一年かかるんですね。   この成長発達の機能を獲得する事がもの凄く大事なんです。   この自然に獲得してきた重力との関係性
スポーツの腰痛には脊柱の柔軟性評価が鉄則 こんにちは、院長の増田です。   スポーツ疾患の一つに頑固な腰痛があります。   あまりに長期的になると腰椎の分離症にもなりますね。疲労骨折を起こしやすい場所でもあります。   次の体操を御覧下さい。腰痛体操のマッケンジー体操ですね。      
こんにちは、院長の増田です。   今日は子供にスポーツをさせる保護者に感じてほしい事について書きます。   スポーツはそれを通じて、いろんな協調性や神経系の運動器や体力など呼吸器系の発達を促します。   また、成功体験や失敗や悔しい思いを体験する事はとても
足関節捻挫はどこまで機能回復するのか?                               こんにちは、院長の増田です。   足関節の捻挫の最終目標が正座と蹲踞です。   このレベルまで可動域をもっていかないと再発します。   痛みが取れるレベル
摂津市、茨木市、吹田市で骨折治療または骨折後遺症でお困りの方へ                         こんにちは、院長の増田です。   摂津市、茨木市、吹田市で骨折治療や骨折後遺症でお困りの方や悩んでいる方   当院は臨床経験と症例が多く、そこから飛躍して専門的な機能回復を行っ
こんにちは、院長の増田です。   医療健康情報が進化し、ボタン一つでそれを得る事の出来る時代がやってきています。   これからは医療は未病を防ぐを通り越して、自己管理する時代がやってきます。   時間が無く通院出来ない人   経済的に余裕のない人  
こんにちは、院長の増田です。   漫然とした痛みが3か月程度続いている。   強い回旋や後屈によって痛みが増強する。   レントゲン上では異常が無く、MRIにて骨の炎症が確認されます。   この状態になっても、レントゲン上では異常は無いのでスポーツ専門
こんにちは、院長の増田です。   スポーツにおいてアップはどんな意味があると思います?   適当にしているまたはしていない学生や社会人の方がほとんどでしょう。   アップというのはただの運動にあらずです。   『脳科学的にもトレースする=おさらいをする
Page 1 of 1012345»...Last »


メール相談受付中