正しい対処と症例

HOME → 正しい対処と症例
こんにちは、院長の増田です.   今回は皆様に向けて当院での外傷の考えやイメージについて知って頂こうと思い投稿させていただきました。   『みなさん怪我といえばどんなイメージをお持ちですか??』   痛い、動けない、パフォーマンスが落ちる、日常生活に支障が出る、
こんにちは、院長の増田です。     今回は足の捻挫の痛みについてお伝えできればと思います。     足の外くるぶしの凹みの場所つまり前距腓靭帯が最も損傷が多いですね。   これらの靭帯は足の前方移動を抑える働きをしております。   しっかり初期治
こんちちは院長の増田です。     今回は手首の捻挫や痛みについてお伝えしていこうと思います。     手首の骨は8つの骨で形成される手根骨と橈骨、尺骨で構成されています。     筋肉や腱は、手首を動かす役割りを持っています。     特にや
こんにちは院長の増田です。   腰痛について書きたいと思います。   小さな外傷からぎっくり腰まで原因は様々です。   例えば   重い荷物を持ち上げた。   立ち上がる際にギクッと捻った。   朝起床時に腰を反る体操をした。   転倒して腰
こんにちは院長の増田です。   今回はアキレス腱の痛みについてお伝えしたいと思います。   成長期に急激な運動をすることによってアキレス腱とその下にある脂肪体に炎症が起きます。   ジャンプ動作やダッシュ動作により痛みが増強します。   スポーツ障害に
こんにちは院長の増田です。   肉離れについて、お伝えしたいと思います。   肉離れにもステージがあり、損傷の程度とゆうものがあります。   stage1→筋肉の軽い炎症(保存療法) stage2→筋繊維の部分断裂(保存療法) stage3→筋繊維の完全断裂(手術適応)    
こんにちは、院長の増田です。   突き指についてお話したいと思います。   ボールが当たったり、ブロックしたり、捻挫したりと突き指は多いです。   指の関節にはDIP 関節、PIP関節、MP関節があります。   複雑に靭帯や腱が入り乱れ、手の動作が出来るようになっ
こんにちは院長の増田です。   足の捻挫にて見逃されやすい骨折や捻挫の場所などお伝えしたいと思います。       足の腫脹が強いと、触診による鑑別には技術がいるので   セラピスト自体の知識経験に左右されます。     一番見逃しが多い場所は &n
こんにちは、院長の増田です。       スポーツ怪我における内側の膝の痛みに関してご紹介していきたいと思います。       一般的によく聞くのが半月板やMCL(内側側副靭帯)はよく聞きますね。     そして、特に膝の痛みで見逃されやすいのが
こんにちは院長の増田です。   シンスプリントや疲労骨折についてお話しいたします。     基本的に足の筋肉の付着部に過剰な牽引力がかかり炎症が生じている状態です。     背景には 股関節か親指の内側ラインへの荷重不足 足のアーチ低下 下肢アライメン
1 / 1212345...10...最後 »


メール相談受付中