病院通いで痛みをあきらめている方へ大勢の方があなたと同じ症状で悩んでいます

HOME → 正しい対処と症例

施術時間 午前8:00~12:00 午後16:00~20:00 休診日 日・祝日

北摂地域にお住まいの方限定で、骨折治療または骨折後遺症を特別に診療致します。

こんにちは院長の増田です。   シンスプリントや疲労骨折についてお話しいたします。     基本的に足の筋肉の付着部に過剰な牽引力がかかり炎症が生じている状態です。     背景には 股関節か親指の内側ラインへの荷重不足 足のアーチ低下 下肢アライメン
こんにちは院長の増田です。     今回は肩のloose shoulderについてお話致します。     不安定性を有する動揺肩ともいいます。     外傷や脱臼の後遺症として現れる事もあります。     また基礎的にもともと全身の関節に緩みのある人もいます。
こんにちは、院長の増田です。   スポーツ障害における野球の腱板損傷についてお話していきたいと思います。   腱板とゆうのは   棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋   の4つから構成されております。   よく障害される筋肉は棘上筋、棘下筋です。  
こんにちは、院長の増田です。   今日はスポーツ障害がいつ起きているのかを経験を踏まえて   お伝えできればと思います。   一番多いのが、部活以外の体育の時間です。   次に多いのが、テスト期間明けの初日。   どちらもケア不足や気の緩みにあると考
こんにちは院長の増田です。   今回はスポーツ障害における腰痛や疲労骨折についてお話していきたいと思っております。   スポーツにおける腰痛には種類があります。   椎間関節の炎症   脊柱起立筋の筋損傷   腰椎分離症   腰椎ヘルニア  

メール相談受付中

お電話にても御相談をお受けします。